広報・PRスキル&ノウハウ

仕事に活かす広報・PRスキル&ノウハウ:SNSは毎日更新しましょう!

更新日:

SNSは毎日更新しましょう!

ビジネスを行う人にとって、SNSは最初のPRです。世の中に情報をリリースするツール

しかし、Instagramが、
インスタ、日本などで「いいね!」非表示に プレッシャー緩和で
https://www.jiji.com/jc/article?k=20190719038886a
とニュースが出るほど、人の心に影響を与えています。

私の周りの広報担当者も、SNSはありがたいものであるが更新を考えるとちょっと憂鬱になったりもする、なんて言っていますし、キラキラ投稿を見るのに疲れて、FBを辞めた話もたくさん聞きます。
つまり、SNSを見ている人が欲しいのは、そういう情報じゃないってことですよね。
他人の瞬間のキラキラなんて、興味ないんです。

企業の広報・PR担当者には辛いものになりつつあるSNSですが、情報拡散に使いながら、危機管理にも使う。そんなメディアです。

たから、ビジネスアカウントも、個人アカウントも、意味ある投稿をしましょう。
キラキラは不要と言われる時代になっていることに気づきましょう。

規模の大きい会社では、SNSの担当者がるところもあります。しかし、そういう会社は少ないです。
SNSの更新は、本気でやればちゃんと帰ってくる。
そして、今の時代、ビジネスアカウントは特に辞めるわけにはいかない。

その本気の度合い。毎日更新すること。更新してこそ動いているからだ。
更新しないのであれば、削除した方が良いくらいです。

ネタがない。確かにそれは大きな問題。ただ、キラキラでなくていいんです。
毎日、何かの報告をする。それでファンが付くこともあります。そんな毎日できることを探してみるのはどうでしょうか?

私は、知人と2002年に作ったWebサイトで、毎日更新するなら、毎日やっているものに頼ろう、という考え方で、
今日の岡江久美子 を始めました。
はなまるマーケット」が終わるときには、うちにテレビ取材が入りました。

継続は力なんです。

そして今、私は毎日のニュースを利用して毎日、広報気になるニュース を書いています。
まさに、毎日起こることを利用していることです。それが200日を超えました。

はい。他人のふんどしで仕事しています。
毎日更新してこそ、SNS。だから、毎日やっているものに頼ってみるのも良いかも!

また、急きょの立ち上げでも対応する例として、先日紹介した、
NBAの八村塁選手が紹介した「白えびビーバー」
ビーバー【公式】
https://twitter.com/beaver_hokka

これまで、情報発信の場がなかったから、欠品していることをTwitterで伝えています。
また、海外に対して英語で挨拶もしています。
そんな柔軟な対応も、大切です。

ぜひ、SNSとの付き合い方見直してみませんか?

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット&広報ラボ 代表)

-広報・PRスキル&ノウハウ
-, , , , , , , , ,

Copyright© 元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.