元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック

元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック

広報気になるニュース

広報気になるニュース:敢えてのアナログ。「写ルンです」を新鮮に感じる10~20代(2020.12.10)707

更新日:

敢えてのアナログ。「写ルンです」を新鮮に感じる10~20代(2020.12.10)707

アイドルのマネジメントをしていた4年前くらいに、アイドル本人に「写ルンです」を持たせて写真を撮らせ、それをファンへの特典にしたことがある。たしか「写ルンです」の周年の年だった。調べてみたら2016年の30周年の年だ。この時は周年の記念デザインも販売されていた。アラフィフ世代にとって「写ルンです」は、カメラを買えない20代の頃のありがたい商品。旅先に持って行って写真を撮ったものだ。今のようにたくさん撮って良いものを選ぶことができないから、失敗も多かったけれど。何よりその場で見られないから、目をつぶっている写真も多かったこと。ピンボケもね。2000年11月にJ-PHONEがカメラ付き携帯を発売するまで、カメラはとっても特別なものだった。しかし、何ごとも当たり前になると、戻る。という流れはあるよう。「写ルンです」は、きっと今の10~20代にとってはちょっと新鮮かもしれない。敢えてのアナログ、という言葉になりそうだが、スマフォがあるのに、「写ルンです」を使う。なんなら両方使う。写ルンです風加工まであるという。人はきっと便利だけを求めてはいない。そして、便利は当たり前になると、便利ではなく常識になり、他の方法が恋しくなるものだ。
個人的には、取材の際にデジカメを忘れて「写ルンです」で急遽対応したことがある。あの時は本当に助かった。当時の携帯カメラでは、画素数が低く仕事には使えなかった記憶だ。

ポイント
スマフォというカメラを持ち歩く時代に、写ルンです は、どんな存在か?

ニュースサイト
「写ルンです」はなぜ再び流行した? スマホ世代が写真に“一手間”をかける理由
https://realsound.jp/tech/2020/12/post-670183.html

関連サイト
写ルンです シンプルエース | 富士フイルム [日本] - Fujifilm
https://www.fujifilm.com/jp/ja/consumer/films/utsurundesu-simpleace

写ルンです Life | 富士フイルム - Fujifilm
https://sp-jp.fujifilm.com/utsurundesu/index.html

「写ルンです」30周年 アニバーサリーキット 数量限定発売のご案内
http://ffis.fujifilm.co.jp/information/articlein_0046.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット&PRラボ 代表)

-広報気になるニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© 元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.