元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック

元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック

広報気になるニュース

広報気になるニュース:広報の仕事は幅広い。POPも作る広報。意図せぬラノベ風で話題のコープさっぽろの惣菜(2021.10.1)787

更新日:

広報の仕事は幅広い。POPも作る広報。意図せぬラノベ風で話題のコープさっぽろの惣菜(2021.10.1)787

広報の仕事の範囲は年々広くなっています。新しい発信ツールが出れば対応するのは広報です。もちろん大手であれば、SNS担当など専任の人がいるかもしれませんが、日本の企業の99.7%は中小企業。「ひとり広報」という言葉もあるくらいです。ある意味、広報は仕事の範囲を絞らないことも大切だったりします。外注できないときは、文章を書く・写真を撮る・画像の修正をする・Webサイトを作る・動画撮影・動画編集、すべてをやっている広報担当者もいるでしょう。もちろん、プレスリリースの配信やメディア対応は当たり前のこと。記者の方とのコミュニケーションも仕事です。そういう私も、広報の入口は「Photoshopが使える人」でした。まだバージョンが5.5の頃。あの頃、Webの仕事をしていたので、Photoshop・Illustrator(ちょっとだけ)・Dreamweaverは使えました。今なら、Wordpressに自分でテーマを入れてサイトを作ることも。4年前かな? 本を2冊読んで一晩でサイトを作りました。もちろん、こういうことができないとダメとか、こういう人が広報に向いているというのではなく、できると便利ということです。外注する際のディレクションや、ちょっとした修正が自分でできるのは対応が早くなるからです。今なら動画編集ができると喜ばれるのでしょうか? 
さて、本日は、コープさっぽろの惣菜の名前がライトノベル風だということで話題になっている記事を取り上げました。商品名もですが、私が気になったのは、POPを広報の人が作っているということです。私はイラストを描けないから、素晴らしい! の一言。今の楽曲のMVはイラスト多いですし。
紹介されている商品名は、以下のようなもの。確かにラノベ風で分かりやすい。
「小さめな鶏の半身は塩だれに漬けてから焼いている。」
「少しづつ、3点くらいおつまみを食べたいのです。」
「手羽元を生姜醤油に漬けた。そして、煮た。」
「本日焼きました。こちら牛ヒレステーキです。」
「鶏の骨付きモモ(ハーブ焼)はこれくらいでも良い。」
「丸鶏にハーブオイルを塗り、30分は焼きました。」
商品名は24文字以内という制限があるそうです。

個人的には「手羽元を生姜醤油に漬けた。そして、煮た。」が好き。「そして、煮た」の部分が良き。

そして、記事内にある“商品名を考案している畜産担当バイヤーは、ラノベを全く読んだことがなく、前述のPOPも広報部の仕事だといいます。”で、広報の仕事幅広い! と思ったのです。

ポイント
広報の仕事に制限はない

ニュースサイト
ラノベみたいな生協の惣菜「小さめな鶏の半身は塩だれに漬けてから焼いている。」が話題 ネーミングの意図を聞いてみた 取り扱っているコープさっぽろに話を聞きました。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2109/29/news143.html

「小さめな鶏の半身は塩だれに漬けてから焼いている。」 ラノベみたいな名前のお惣菜に反響→名付け親を直撃してみた!
https://j-town.net/2021/09/27326867.html?p=all

関連サイト
生活協同組合コープさっぽろ
https://www.sapporo.coop/

Twitter(コープさっぽろ【公式】)
https://twitter.com/coopsapporo_pr/status/1440940740834562052

【ライトノベルとは何か】ラノベ読者になるための学びの知恵袋
https://www.mottainaihonpo.com/kaitori/contents/cat07/019-light-novel.html

日本を支える中小企業3,578,176社。これが我々中小機構のお客様です。
https://www.smrj.go.jp/recruit/environment.html

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット&PRラボ 代表)

-広報気になるニュース
-, , , , , , ,

Copyright© 元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.