元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック

元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック

広報気になるニュース

広報気になるニュース:東京メトロがゴミ箱撤去。理由は人のモラルか? 法的問題も。(2022.1.9)793

更新日:

東京メトロがゴミ箱撤去。理由は人のモラルか? 法的問題も(2022.1.9)793

2000年代、テロ対策強化で駅や公園などからゴミ箱が姿を消した。時が経ち、一部戻った場所もあるが、再び駅からゴミ箱がなくなる状況が増えている。
東京メトロは1月17日から全駅のゴミ箱を撤去する。しかし、これは東京メトロだけの話ではなく、昨年から京阪電鉄や西武鉄道などでも行われている。理由は少し違う。
東京メトロ:「駅構内におけるセキュリティ強化の観点から撤去することとなりました」
西武鉄道:「家庭ゴミ持ち込みが増えている状況と感染予防など安全上の理由です」
ここで問題となるのが、家庭ごみの持ち込みだ。コンビニのゴミ箱が現在店内にあるのも、家庭ごみの持ち込みが理由のひとつだろう。
仕事でゴミの処理方法について取材をして知ったことだが、ごみには
自治体で処理される:家庭ごみ
業者で処理される:事業ごみ
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kurashi/004/005/001/d00005059.html#1
がある。
家のごみをコンビニや駅で捨てれば家庭ごみが事業ごみとして扱われることになる。捨てる側にしてみれば、どこに捨てても同じだろうが、処理業者は法律に縛られていることもある。
セキュリティの問題や感染症問題はもちろんだが、人のモラルとして家庭ごみを駅や店で捨ててはいけない。これは法的問題もあるようだ。
また実体験として感じていることとして、スーパーのゴミ箱にアルコール飲料の缶や2Lのペットボトルが多く捨てられている。これって?と思う。歩きながらアルコールを飲む人いるけれど、それにしても数が多い。2Lのペットボトル、持ち歩いている人もいるけれど、うーむ、と。
ゴミ箱がなくなって不便と思う前に、それぞれが考えることもあるだろう。もちろん多くの人がルールを守っていると信じているけれど。

ポイント
ゴミの捨て方には法的問題も!

ニュースサイト
東京メトロ、駅構内のゴミ箱を撤去 1月17日から全駅で、理由は「セキュリティ強化」
https://www.j-cast.com/2022/01/07428470.html

関連サイト
東京メトロ
https://www.tokyometro.jp/index.html

京阪電鉄がついに半数の駅でごみ箱撤去へ 理由は「家庭ごみ」…段ボール箱やフライパンまで
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/472178

西武線の駅から「ゴミ箱」が撤去されている! 対象は「全駅構内」...広報が明かした2つの理由
https://www.j-cast.com/2021/04/06408893.html?p=all

公共交通機関等におけるテロ対策の強化について:国都交通省(2004年)
https://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/15/150427_.html

ペットボトルやボディーペーパーをコンビニのごみ箱に捨てたら…法的問題は?
https://news.yahoo.co.jp/articles/dff819e29dca3a2580d1a3907532d403e95a18ba

お店のごみ箱に家庭ごみを捨てたら犯罪?
https://www.authense.jp/keiji/column/249/

記事執筆:伊藤緑(広報ウーマンネット 代表)

-広報気になるニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© 元広報専門誌ライター&広報ウーマンネット代表が気になるニュースをチェック , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.